本町3丁目大名行列が刈谷市で披露

文化・芸能

[ 2013年 5月 5日 日曜日 8時41分 ]

 飯田市本町3丁目の大名行列が3日、愛知県刈谷市で開催された「刈谷城築城480年記念 大名行列山車祭」に参加した。昨年9月に山形県河北町で開かれた「全国奴まつり」に続く県外での行列披露。役者33人、スタッフ12人の総勢45人のメンバーが力を合わせ、華やかに、勇壮に、観衆を魅了した。

 93年ぶりの県外披露となった全国奴まつりに、刈谷の大名行列も参加していたことが縁で実現した今回の出演。刈谷側から「素晴らしい行列の披露に感動した。ぜひ刈谷でもその姿を見せてほしい」との強い依頼を受け、築城480年記念として盛大に開催されること、初めて他団体を唯一招くこと、会員の賛同を得て役者の手配が可能となったことなどから、参加を決めた。

 この日、本町3丁目大名行列の一行は、刈谷の行列や山車、子ども行列など約500人でつくる隊列に加わり、参勤交代スタイルの所作を披露。毛やりの投げ交わしや草履の投げ上げなどでは、その力強い動きに大きな歓声と拍手が上がった。また、刈谷の行列とは衣装や所作がまったく異なるため、ゆっくりとした足さばきなどに「凛としていて神々しさを感じる」といった声も聞かれた。

 披露を終え、大島明保存会長は「『素晴らしかった』といった声を掛けてもらうことができうれしく思う。これだけ統制のとれた一体的な行列は他にないとの声もあり、参加してよかったと会員一同喜び合っている。7年に1度、お練りまつりだけの披露にこだわるのではなく、今後も機会があれば県外でのアピールも考えていければ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)