札幌市の劇団が「ピノキオ」上演 いいだ人形劇フェスタ

文化・芸能

[ 2017年 8月 5日 土曜日 11時19分 ]

飯田の子どもたちが参加した「ピノキオ」

 札幌市こども人形劇場こぐま座40周年記念作品・野外巨大人形劇「ピノキオ」が3、4日、飯田市高羽町の飯田文化会館前階段で上演された。こぐま座のほか、飯田の小学生や保護者など18人が参加。札幌の子どもたちと、歌やダンスで元気いっぱいにパフォーマンスを繰り広げた。

 同作は、国内初の公立人形劇場として1976(昭和51)年に設置されたこぐま座の開館40周年記念事業の一環として、昨年度制作。

 飯田で人形劇のワークショップ講師を務めたり、いいだ人形劇フェスタで公演を行っている、人形劇作家の沢則行さん(55)=プラハ=が芸術監督を務める。

 フェスタでは、地元の子どもたちとの共演を企画。飯田の参加者は先月末から稽古に取り組み、リス役として主にオープニングとエンディングに出演したほか、ピノキオが海を航海する場面で深海魚に扮した。

 楽隊がリズミカルな音楽を奏でながら登場すると、悪いリスたちが現れてダンスをしながら周囲を威嚇したり、酔っ払ったりと好き勝手に振る舞う。毛皮を翻しながら力いっぱいダンスを披露する姿に、会場から「かわいい」と歓声が上がった。

 悪い仲間の元を離れて改心したピノキオが、大きな魚に飲み込まれた父親を助け出すと、女神に人間の子どもにしてもらって大団円。

 衣装が影絵のスクリーンになっている巨大な女神の人形の下で、出演者が集まって歌とダンスを繰り広げた。飯田の参加者も、手を振ったりピノキオの文字を掲げながら階段を駆け巡り、力強いパフォーマンスで会場をわかせていた。

 公演に参加した、上郷小3年の横田和花さん(8)は「バトントワリングをしていて、勉強になると思って参加した。緊張したけど楽しくて、上手にできたと思う。この経験をバトンにも生かしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26