東アジア三大人形劇フェスティバル交流公演開く

文化・芸能

[ 2013年 8月 11日 日曜日 17時27分 ]

 「アジア人形劇フェスティバル いいだ人形劇フェスタ2013」の一企画「東アジア三大人形劇フェスティバル交流公演」が9日、飯田市吾妻町の市公民館で開かれた。日本、台湾、韓国を代表する人形劇フェスティバルの推薦団体3団体が一堂に会して上演。終日多くの観客が会場を訪れ、各公演を楽しんだ。

 東アジア三大人形劇祭友好提携5周年を記念し、いいだ人形劇フェスタと「春川人形劇祭」(韓国)、「雲林國際偶戯節」(台湾)それぞれが推薦する劇団の交流公演を開催。「今田人形座」(日本)、「劇団ロギナレ」(韓国)、「真雲林閣掌中劇団」(台湾)が出演した。他、台湾の「平等国民小学巧宛然掌中劇団」と「台北慶和館醒獅団」も参加し、会場をにぎわせた。

 地元飯田市の今田人形座は、「傾城阿波の鳴門・順礼歌の段」を上演。太夫歴80年で、ことし3月に地域伝統文化功労者表彰を受けた金井美昇さん(100)が太夫を務めた。

 徳島藩のお家騒動に絡み、主君の盗まれた刀を探すため盗賊に身をやつして大阪で暮らす十郎兵衛・お弓夫妻。お弓は、徳島から両親を探してやって来た巡礼姿の少女・お鶴が自分の娘だと気付くが、娘に害が及ぶことを恐れて名乗ることができない。実の娘に母と名乗れないお弓の苦しさ、両親に会いたいお鶴の悲しみが、人形とともに金井さんの深みのある語りによって静かに表現された。

 続いて真雲林閣掌中劇団が出演した。同団は40年前に設立された人形劇団。伝統布袋戯を土台にしながら照明や音楽などの演出に工夫した舞台づくりを行い、団長(36)が一人で語りを担当している。

 この日は10、11日に鼎文化センターで上演する「嘉南大圳 八田與一物語」の一場面を取り上げ、金光戯のデモンストレーションを行った。八田與一は、台湾の日本統治時代に烏山頭ダムと1万6000キロの灌漑水路を建設した日本人技師で、台湾人と日本人を分け隔てなく指導。その功績は台湾の教科書にも紹介されているという。

 上演したのは、八田と妻の再会のシーン。団長の語りとドラマティックな音楽にあわせて、抱き合って再会を喜ぶ二人の姿を情熱的に演じた。ほか、中国の影響を受けた表情の変わる変面人形の実演などを行っていた。

 ロギナレは「無限の想像力」をテーマに1997年から活動する団体。塩人形を主人公とした「The Salt Puppet」を、詩的な語りと情感溢れる音楽とともに演じていた。

 愛知県から訪れた女性は、3団体の公演を鑑賞。「日本との違いがかなりあり、それぞれに見所があって面白かった。もっと見てみたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞