東野大獅子がお練り年迎え祈願 「舞で街を盛り上げる」

文化・芸能

[ 2016年 1月 9日 土曜日 11時56分 ]

 3月25―27日に開催される飯田お練りまつりに向け、式年大祭を開く大宮諏訪神社の膝元、東野6カ町でつくる東野大獅子保存会(平沢忠雄会長)の役員らがこのほど、同神社で新春祈願をした。月内の総会や屋台づくりなどの作業を経て、来月8日から練習を始める。

 平沢会長ら役員約20人が参加し、社殿内で祈願。市原貴美雄宮司が神事を執り行い、神前に拍手を打って準備期間の安全や祭りの成功を祈った。

 平沢会長は「いよいよお練りまつりの年を迎えたと実感している。大宮諏訪神社の膝元の地区として、東野大獅子をしっかりがんばって舞いたい」と決意。「地元内外から多数に足を運んでもらい、飯田の街を盛り上げることができたら」と思いを語った。

 今月は、昨年末に切り出した竹を割る作業や屋台づくり、総会、ほろづくりなどを計画している。来月7日に安全祈願祭を開き、8日から練習を開始する。

 日本一ともうたわれる東野大獅子は、重量30キロの頭に胴体となるほろと屋台が25メートルにわたって連なる巨大獅子。同祭前日の3月24日に7年の眠りから覚め、350人に上る保存会員が4日間にわたって多彩な舞を繰り広げる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞