東野大獅子保存会が宇天皇正装で練習を開始

文化・芸能

[ 2010年 3月 19日 金曜日 14時16分 ]

 飯田お練りまつりで、他の出演団体に先駆けて25日に長い眠りから目覚める東野大獅子は、17日から宇天王(王様)が正装して最終調整に入った。

 東野大獅子保存会は、8日から本番で使用する重さ約30キロの獅子頭を使った練習を始めていたが、この日は宇天皇も面も付けての正装で練習に臨んだ。

 4班に分かれる頭部門は練習用のほろを体部に見立て、これまで練習で使っていたコンテナとは格段に重さの異なる頭を囃子のリズムにあわせながら振り、宇天皇担当の会員が獅子の距離やタイミングを図る本番さながらの練習を展開。「大門口の舞い」や「寝かしやま」など、他の獅子舞には類を見ない独特の舞いも入念にチェックした。

 今回は獅子と宇天皇、囃子がそれぞれに調和して魅せる「三位一体」の勇壮な舞いがテーマ。塩澤直人会長は「ことしは1週間早く練習を開始した成果もあり、あとは微調整する段階まできている。練習で得た感覚を本番で発揮してもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞