東野大獅子保存会がお練りに向け練習開始

文化・芸能

[ 2016年 2月 10日 水曜日 8時44分 ]

 3月25―27日に開催される飯田お練りまつりに向け、東野大獅子保存会(平沢忠雄会長)は8日夜、飯田東中学校体育館や東野公民館で練習を開始した。この日は約200人の会員が参加。獅子を操る「宇天王」、獅子頭、お囃子と、各部門に分かれ、約1時間半にわたり汗を流した。27日までほぼ毎日部門別に練習を続け、29日から合同練習に入る。

 獅子頭部門のメンバーは、重量約30キロの獅子頭を代わる代わる振るため、ランニング、腕立て伏せ、腹筋など体力づくり、筋力づくりからスタート。その後、頭に見立てた黄色のコンテナを手に、「8」の字を描くように振りながら腰を落とす舞の形を、繰り返し繰り返し練習した。

 平沢会長は「いよいよ練習が始まった。お囃子、頭、宇天王が三位一体となった素晴らしい舞が披露できるよう頑張ってほしい」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞