東野大獅子保存会がお練りに向け練習開始

文化・芸能

[ 2016年 2月 10日 水曜日 8時44分 ]

 3月25―27日に開催される飯田お練りまつりに向け、東野大獅子保存会(平沢忠雄会長)は8日夜、飯田東中学校体育館や東野公民館で練習を開始した。この日は約200人の会員が参加。獅子を操る「宇天王」、獅子頭、お囃子と、各部門に分かれ、約1時間半にわたり汗を流した。27日までほぼ毎日部門別に練習を続け、29日から合同練習に入る。

 獅子頭部門のメンバーは、重量約30キロの獅子頭を代わる代わる振るため、ランニング、腕立て伏せ、腹筋など体力づくり、筋力づくりからスタート。その後、頭に見立てた黄色のコンテナを手に、「8」の字を描くように振りながら腰を落とす舞の形を、繰り返し繰り返し練習した。

 平沢会長は「いよいよ練習が始まった。お囃子、頭、宇天王が三位一体となった素晴らしい舞が披露できるよう頑張ってほしい」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞