松川町であらい祇園祭

文化・芸能

[ 2016年 7月 19日 火曜日 8時30分 ]

7.17松川町あらい祇園祭り 松川町中心部のあらい商店街で16日、恒例「あらい祇園祭」があった。歩行者天国の通りではさまざまなアトラクションが繰り広げられ、大勢の親子連れらでにぎわった。

 祭りは上新井区会、商工会大島支会、あらい商店街連合会主催。町の夏を彩る祭典として定着している。

 昨年同様に宮坂通り、中央通り、本町通り、広小路の4つを歩行者天国にし、一般に開放した。

 午後4時のオープニングセレモニーに続き、中央エリアでは町内外で活動する子どもから大人までが次々にダンスを披露。テンポの良い曲に合わせて元気いっぱいに踊ると、家族や見物客から大きな拍手が送られた。

 町広報大使のファミリーエコうたユニット「にゃんたぶぅ」のコンサートや伝統の七椙神社獅子舞おかめ踊り、和太鼓グループや消防団ラッパ班による演奏もあり、商店街はにぎわいを見せた。午後8時過ぎ、打ち上げ花火や名物の「まちかど大ナイアガラ」が始まると祭りの熱気はピークを迎えた。

 また新たな試みとして、町制施行60周年を記念するビンゴゲームを開催。参加者は商店街の指定の店舗でシールを集め、縦や斜めなどそろった列の数に応じて記念バッジや飲み物を受け取っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)