松川町で海外研修生に獅子舞披露

文化・芸能

[ 2014年 8月 4日 月曜日 13時15分 ]

 保存会のメンバーがこのほど、国際協力機構(JICA)主催の課題別研修で町内を訪れているケニアなど12カ国の政府職員ら研修生に、江戸後期から伝わる伝統の獅子舞を境内で披露した。

 同町への訪問は5年目。獅子舞は毎年、春秋の例大祭に奉納しているが、同研修コーディネーターの米山由子さんの依頼で研修メニューに初めて組み入れた。

 七椙神社の獅子舞は、大きな屋台獅子が特徴の一つ。獅子はほろで覆われ、笛などの囃子が中から鳴り響く。曲目は「ヒャーヒャー」「数え歌」「シンキン」「道中囃子」の4種類。独特のリズムを刻みながら獅子頭が激しく舞うと、研修生たちは驚いた表情を見せたりカメラに収めていた。

 ザンビアのジョン・チュバさんは「日本は進んでいる国だと思ったけど、伝統を大切にする一面も見ることができた」とうれしそうに語った。

 また、神社の名前の由来にもなっている境内の7本の杉「千年杉」のうち、手入れをする際に出る枝を使ったお守りが全員にプレゼントされた。

 奏楽保存会の伊藤政穂さんは「日本の伝統文化を知り、触れる機会になればいい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞