根羽村の六柱神社で飯伊のトップを切って御柱祭開く

文化・芸能

[ 2010年 3月 17日 水曜日 8時58分 ]

 根羽村黒地の六柱神社(若宮社・諏訪明神)で14日、御柱祭が行われた。黒地と向黒地の両区36戸の氏子約80人が参加して、飯田下伊那の諏訪系神社30数社のトップを切って、建御柱までを1日で終了した。

 朝8時に黒地公民館上の社殿脇に立つ前回と前々回の旧御柱の前で、金田博文神官(愛知県設楽町)を招いて神事。前々回の柱を取り除いて穴を掘る人と、新しい柱用の献木を伐採して運ぶ人に分かれて作業をした。

 伐採の作業では、献木をした石原祥行さん所有の浅間地籍へ行き、斧(おの)入れ式を行った。続いて、樹齢51年、直径30センチのスギの木を伐採して9メートルの長さに切断。その木を浅間から約3キロを中型ダンプに積んで山出しし、神社前の旧道とバイパス交差点まで運んで降ろし、旧道の約200メートルを全員が長いロープを握って里曳(ひ)きした。

 神社へ上る35段の石段横の土手の急斜面を重機や滑車、ワイヤーなど用いて“木落とし”ならぬ“木揚げ”をして、前回の柱の横に4時間余りかけ並立し、無事「建御柱」の神事を終えた。

 その後、投げもちや祝賀の宴を開き、集まった氏子は無事に建て終えた感慨を新たに、無病息災や地区の安泰繁栄を祈願した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16

故人しのび思い出語る

11月16日月曜日15:55

「地域と共に進化を続け」

11月14日土曜日13:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞