桜の下で勇壮に舞う

文化・芸能

[ 2020年 4月 9日 木曜日 15時31分 ]

 松川町元大島の大洲七椙神社春祭りで4、5日、伝統の獅子舞が奉納された。新型コロナウイルスの影響により規模を縮小したが、満開のソメイヨシノが咲き誇る中、勇壮な舞を披露した。

 感染の拡大防止のため、子どもたちの参加する「花踊り」や獅子舞とともに舞う「おかめ踊り」、「きつねの嫁入り」は中止。町内の巡行を取り止め、4日の夕祭と5日の本祭の2回、境内で獅子舞と囃子を奉納した。

 奉楽保存会によると、規模縮小などで意気消沈する会員もいたが「神様の前だからしっかりやるように」と保存会長の言葉で気を引き締め、祭り前日まで3夜連続で総練習に取り組んだという。

 保存会員の一人は「コロナの1日も早い収束を祈願し、皆で精いっぱい獅子舞を奉納することができた」と話した。

◎写真説明:大洲七椙神社の獅子舞

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞