権現山白山社で「茅の輪くぐり」 台風から地域守る風神祭も

文化・芸能

[ 2016年 9月 2日 金曜日 15時04分 ]

茅の輪をくぐる園児ら

 飯田市滝の沢の権現山白山社(近藤政彰宮司、木下勝臣氏子総代長)で1日、ススキで作った直径約2メートルの輪をくぐり無病息災を願う「茅の輪くぐり」と、神木の先端に御幣を供え、台風や強風による被害を避ける「風神祭」が執り行われた。

 茅の輪くぐりには、氏子らをはじめ風越保育園(同市丸山町)の年中、年長園児約70人も参加した。茅の輪は、氏子総代らが竹でかたどった輪にススキを編み合わせて作製。正方形に組んだ竹枠につるし、周囲には幣束や紙人形、稲穂などが添えられた。

 参列者らは、近藤宮司による祝詞奏上、おはらいに続き「8の字」を描くように輪をくぐり、健やかな成長や長寿を祈願した。

 茅の輪くぐりは、旧暦6月30日の「夏越の祓(なごしのはらえ)」に茅(かや)を巻いた大きな竹の輪をつるし、輪をくぐることで疫病を退散させたことが始まりとされ全国各地に伝わるが、同神社では古くから、「二百十日(にひゃくとうか)」の風神祭と合わせて行っている。

 風神祭では、竹にくくりつけた御幣をロープを使って、高さ約30メートルの神木の先端まで引き上げた。神木の上から台風の襲来ににらみを利かせることで、地域を災害から守るという。

 木下総代長は「ことしも無事に神事を執り行うことができた。地域の皆さんが健康で、安心して暮らせることを願う」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞