権現山白山社里宮で70年ぶりに湯立て神事開く

文化・芸能

[ 2010年 10月 26日 火曜日 9時13分 ]

 飯田市滝の沢の権現山白山社里宮で24日、昨年70年ぶりに復活した「湯立て神事」がことしも豪快に営まれた。

 近藤政彰宮司(67)とてんぐが登場し、湯煙を立てる大きな湯がまを囲むと、代わる代わる煮えたぎる湯を素手で払った。熱湯が周囲に飛び散り、境内を埋めたアマチュアカメラマンや見物客などから歓声が上がった。

 この湯には御利益があるとされ、散らし方が少ないと「もっと、もっと」の声も。熱湯に耐えながらも豪快に「エイッ」と湯を切るてんぐの姿に、参列者から拍手が送られる場面もあった。

 無病息災や五穀豊穣を願う神事。1940(昭和15)年まで行われていたが、多くの若者が戦争に駆り出され、担い手不足となり中断された。昨年12月、風越山の山頂下にある白山社奥社本殿の建立500年を祝う記念祭を機に復活した。

 湯立て神事に続いて、記念祭のために創作した権現山狗賓(ぐひん)太鼓、氏子青壮年のぶち合わせ太鼓、レゲエ歌手コバユーさんのライブや舞台芸能師の加藤木朗さんによる和太鼓演奏などもあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞