水神橋で納涼花火大会開く

文化・芸能

[ 2014年 7月 29日 火曜日 9時04分 ]

水神橋花火大会 飯田商工会議所下久堅支部主催の第34回天竜川水神橋納涼花火大会が26日夜、飯田市下久堅・松尾両地区を結ぶ水神橋の周辺であり、スターマインや尺玉、ナイアガラなど約3000発が夜空を彩った。

 

 夜店が並んだ橋の周辺と堤防には多くの人が集まり、宵打ちの部は午後7時半から予定通りスタート。8号、尺玉、大スターマインには両岸から歓声が上がり、終盤では全長約350メートルのジャンボナイアガラが天竜川を幻想的に照らした。

 

 天候に恵まれ、無事大会を終えた内山洋一大会委員長はフィナーレに「次回も一生懸命に打ちます。来年もぜひ見にきて」とあいさつした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事