水神橋納涼花火大会開く

文化・芸能

[ 2010年 8月 3日 火曜日 9時03分 ]

 「第30回水神橋納涼花火大会」が31日夜、飯田市下久堅と松尾の両地区を結ぶ水神橋一帯で開かれた。天候にも恵まれ、約3000発の花火が華やかに夜空を彩り、見る者を楽しませた。

 飯田商工会議所下久堅支部主催。30回の節目を迎える今回は、「その響き天翔けて命囃す」―天翔響命「虎岩参代太鼓」の力強い演奏で祭り会場周辺の雰囲気を盛り上げた後、午後7時半から夜打ちの部がスタート。次々と打ち上がる花火とともに大きな歓声が上がった。

 名物、8号、10号の大玉花火の打ち上げでは、見上げた視界いっぱいを大輪の花が埋め尽くす大迫力。大会のクライマックス、全長350メートルと飯伊最大級の規模を誇る大瀑布「ナイアガラの滝」が天竜川に突如出現し、光の滝で辺りを明るく照らすと、「すごい迫力」「幻想的できれい」と声が上がり、大きな拍手が送られた。

 歩行者天国となった水神橋、下久堅側の飯田観光ホテルよし乃亭付近では、商議所下久堅支部や同祭の実行委員らが綿菓子やかき氷、おもちゃ、飲み物などを販売。金魚すくいや女性部による肉まん、あんまん、五平もちなどの販売も行われ、大会を盛り上げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞