水神橋納涼花火大会開く

文化・芸能

[ 2010年 8月 3日 火曜日 9時03分 ]

 「第30回水神橋納涼花火大会」が31日夜、飯田市下久堅と松尾の両地区を結ぶ水神橋一帯で開かれた。天候にも恵まれ、約3000発の花火が華やかに夜空を彩り、見る者を楽しませた。

 飯田商工会議所下久堅支部主催。30回の節目を迎える今回は、「その響き天翔けて命囃す」―天翔響命「虎岩参代太鼓」の力強い演奏で祭り会場周辺の雰囲気を盛り上げた後、午後7時半から夜打ちの部がスタート。次々と打ち上がる花火とともに大きな歓声が上がった。

 名物、8号、10号の大玉花火の打ち上げでは、見上げた視界いっぱいを大輪の花が埋め尽くす大迫力。大会のクライマックス、全長350メートルと飯伊最大級の規模を誇る大瀑布「ナイアガラの滝」が天竜川に突如出現し、光の滝で辺りを明るく照らすと、「すごい迫力」「幻想的できれい」と声が上がり、大きな拍手が送られた。

 歩行者天国となった水神橋、下久堅側の飯田観光ホテルよし乃亭付近では、商議所下久堅支部や同祭の実行委員らが綿菓子やかき氷、おもちゃ、飲み物などを販売。金魚すくいや女性部による肉まん、あんまん、五平もちなどの販売も行われ、大会を盛り上げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞