豊丘村の河野獅子、秋田県の獅子舞フェス参加

文化・芸能

[ 2014年 11月 7日 金曜日 14時23分 ]

 豊丘村河野の河野大宮神社獅子お囃子保存会(市瀬憲会長)はこのほど、秋田県由利本荘市で開かれた「第29回国民文化祭あきた2014獅子舞フェスティバル」に参加した。南信州が誇る屋台獅子の代表として勇壮な舞を披露し、観衆を魅了した。

 イベントは、文化庁や秋田県などが主催し、同市内のホールで開催。地元の秋田県をはじめ、10県の16団体が出演した。

 河野の獅子舞は、1882年に高森町山吹の子安神社から伝授され、以来130年にわたり豊丘村河野の伝統芸能として継承されており、江戸に出た獅子が荒れるのを「おかめ」がなだめるのが特徴。ステージでも、3人の女性によるおかめが巨大な獅子を鎮める伝統舞を披露した。

 3カ月前から週に2度のペースで練習を重ね、本番が近づくにつれて回数を増やし、10月下旬から連日稽古をして備えた。

 当日は34人がバスに乗り分け、中型のトレーラーで獅子を運んだ。

 参加団体の多くが神楽獅子で、屋台獅子は唯一。全長11メートルの巨大な獅子が姿を表すと、驚きの声をあげる人も多かった。

 市瀬会長は「いろんなルーツを持った獅子の多彩な舞を学び、勉強になった。3カ月にわたり練習した成果をステージ上で発揮できたことも大きな成果だった」と強調。今後の芸能継承に向けた「ステップになった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞