激しい舞で先祖を供養 国重文「和合の念仏踊り」 阿南町

文化・芸能

[ 2016年 8月 16日 火曜日 13時43分 ]

和合の念仏踊り

 阿南町和合地区に300年余受け継がれる国重要無形民俗文化財、和合の念仏踊りは13日夜始まり、16日までの4晩を通して熊野神社と林松寺を中心に繰り広げられた。保存会員らが太鼓で奏でる独特のリズムに合わせ、躍動感あふれる激しい舞で先祖を供養した。

 初日の13日夜は熊野社に地元住民や観光客、アマチュアカメラマンなど約40人が待ちうける中、午後8時過ぎに保存会員ら35人が到着。「庭入り」「念仏」「和讃」と踊り、笛や太鼓の音に合わせ、長い棒を持った「ヒッチキ」が激しく飛び跳ねてぶつかり合う姿にカメラのフラッシュが絶え間なくたかれた。

 熊野社を出発した一行は、大屋庄屋宮下家へ移動。最後に林松寺の境内へ移動して「庭入り」のみを披露した。

 念仏踊り保存会長の平松三武さんによると、近年はIターン者が増え、祭りの担い手も増加しているといい、ことしも会員の半分ほどを占めた。同町地域おこし協力隊として着任以来、笛を担当して3回目の参加になる女性(33)は「やっと笛が吹けるようになった。仲間に入れてもらえてうれしい。都会に住んでいたらお祭りに参加することはなかったと思う」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞