火の粉を浴びて「オイサッ」 下清内路で奉納煙火

文化・芸能

[ 2014年 10月 16日 木曜日 16時23分 ]

 阿智村清内路の下清内路・諏訪神社と建(たて)神社で12日夜、秋季祭典奉納煙火があった。県内外から訪れた見物客が見守る中、下清内路煙火有志会(櫻井健会長)による伝統の手づくり仕掛け花火が繰り広げられた。

 花火の道具を担いだ行列が境内に練りこむと、清内路小学校太鼓クラブの「清内路花火太鼓」、打ち上げ花火に続いて仕掛け花火がスタートした。鉄線を走る「綱火」が境内3カ所に設けられた伝統の囲い櫓(かこいやぐら)の仕掛けに点火。回転する「火車」や「花傘」、「大噴水」が大きな音とともに火の粉をまき散らすと、境内は大きな歓声に包まれた。

 大三国では、女性を含む若い有志会員が全身で火の粉を浴び、足踏みをしながら「オイサッ、オイサッ」と掛け声を上げてきおった。第1部の諏訪神社の部に続いて第2部の建神社の部が繰り広げられ、見物客は2度にわたって迫力満点の仕掛けと大三国を満喫した。

 清内路の手づくり花火は県の無形民俗文化財。江戸期に行商の村民が三河地方から花火の製造方法を持ち帰ったのが始まりとされ、280年以上にわたって上下清内路の住民が伝統を受け継いでいる。下清内路の有志会員は8月後半から火薬作りに取り組んできた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52