無病息災願い事の神送る

文化・芸能

[ 2020年 2月 11日 火曜日 13時28分 ]

 飯田市千代の芋平地区で8日、1年の無病息災を願う「事の神送り」が行われた。早朝から住民約30人がみこしや人形を集会所で制作。人形をみこしに納め、鉦(かね)と太鼓の音に合わせて練り歩いて上久堅地区へ神を送り出した。

 疫病の原因となる神様を集落の外に送り出す行事で、400年以上前から伝わるとされる。国の選択無形民俗文化財「伊那谷のコト八日行事」の一つで、千代地区では野池と芋平地区を出発地点に、龍江や上久堅地区を経由して喬木村境まで神様を送る。

 芋平の住民たちは早朝から集会所に集まり、旗やみこしなどを制作。8本の笹飾りには厄を乗せて送るとされる「馬」と書いた紙を、年間月数を表す12枚ずつくくりつけた。

 人形作りは松下澄男さん(76)と辻元孝博さん(62)が担当。わらで「オトコガミ」と「オンナガミ」の胴体と手足を作り、顔の描かれた和紙、髪、ふんどしなどを丁寧に装飾した。

 40年以上人形制作に携わる松下さんは「毎年できが違う。稲刈りをした際に、人形作りのためになるべく長いわらを取っておいている」と笑顔で話した。

 松下さんらに習い、人形作り4年目の辻元さんは「少し大きくすると持つのが難しい。今回は今まで以上によくできた」と出来栄えを見て喜んだ。

 完成した人形をみこしの内側に納め、一行は芋平を出発。鉦や太鼓を打ち鳴らし、上久堅地区との境へ向かって歩いた。境の上久堅蛇沼に到着した住民たちは、竹飾りやみこし、旗を置いて拝み、送った神様を連れてこないよう、振り返らずに帰路へ着いた。

 芋平地区の小組合長を務める櫻井登さん(81)は「天気がいい中で行うことができた。人数は少なくなったが、伝統を守り、若い人につないでいきたい」と話していた。

◎写真説明:上久堅地区との境まで神を送り練り歩く

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞