熊谷元一写真賞コンクール入選作品発表

文化・芸能

[ 2011年 7月 4日 月曜日 9時25分 ]

 阿智村は1日、村出身の写真・童画家で名誉村民の故熊谷元一さんの功績をたたえる第14回熊谷元一写真賞コンクール(同村主催)の入賞・入選作品31点を発表した。「こども」をテーマとし、村内撮影部門の対象者を全国に広げた今回は、前年を151人上回る468人から過去最多の1478作品が寄せられ、一般の部の最高賞「元一写真大賞」には、長野市の松下健二さんが県内で撮影した「ないしょ話」が選ばれた。

 祭りの法被を着た子どもと犬を写した「ないしょ話」は、「かわいらしい2人と聞き耳立てて見つめる犬が、画面の中で見事な構図に収まっている。一瞬をとらえたスナップ写真」と評価された。

 阿智村賞は松川町の鋤柄郁夫さんが高森町で撮影した「空は広いなァ」、村内撮影部門は飯田市の岡本潯子さんの「僕達の散歩道」など10作品が「阿智村輝き賞」に選ばれた。

 例年以上に時間をかけて審査したという伊東征彦委員長は「表情やしぐさが豊かな子どもたちを見つけ、けれん味なく直感でシャッターを押した作品が目立った。思わず笑みがこぼれるような作品もあった。上位作品はそれぞれ趣があり、甲乙つけがたい」と総評した。

 入賞・入選作品は6日から10月3日まで、昼神温泉郷「熊谷元一写真童画館」アートギャラリー(入場無料)に展示する。来年のコンクールも同じテーマとし、村内撮影部門の作品も引き続き募る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

竜丘小学校でラーメン大会開く

12月18日火曜日16:49

市議会で上村の市有施設指定管理変更議案を可決

12月18日火曜日16:35

飯田測候所が「光の国」に(飯田市馬場町)

12月18日火曜日14:49

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04