熊谷元一写真賞コンクール入選作品発表

文化・芸能

[ 2011年 7月 4日 月曜日 9時25分 ]

 阿智村は1日、村出身の写真・童画家で名誉村民の故熊谷元一さんの功績をたたえる第14回熊谷元一写真賞コンクール(同村主催)の入賞・入選作品31点を発表した。「こども」をテーマとし、村内撮影部門の対象者を全国に広げた今回は、前年を151人上回る468人から過去最多の1478作品が寄せられ、一般の部の最高賞「元一写真大賞」には、長野市の松下健二さんが県内で撮影した「ないしょ話」が選ばれた。

 祭りの法被を着た子どもと犬を写した「ないしょ話」は、「かわいらしい2人と聞き耳立てて見つめる犬が、画面の中で見事な構図に収まっている。一瞬をとらえたスナップ写真」と評価された。

 阿智村賞は松川町の鋤柄郁夫さんが高森町で撮影した「空は広いなァ」、村内撮影部門は飯田市の岡本潯子さんの「僕達の散歩道」など10作品が「阿智村輝き賞」に選ばれた。

 例年以上に時間をかけて審査したという伊東征彦委員長は「表情やしぐさが豊かな子どもたちを見つけ、けれん味なく直感でシャッターを押した作品が目立った。思わず笑みがこぼれるような作品もあった。上位作品はそれぞれ趣があり、甲乙つけがたい」と総評した。

 入賞・入選作品は6日から10月3日まで、昼神温泉郷「熊谷元一写真童画館」アートギャラリー(入場無料)に展示する。来年のコンクールも同じテーマとし、村内撮影部門の作品も引き続き募る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞