熊野神社で扇祭り・火祭り~大瀬木の杜に炎揺れ~

文化・芸能

[ 2013年 10月 8日 火曜日 16時06分 ]

 飯田市大瀬木の熊野神社で5日、秋季祭典宵祭り「扇祭り・火祭り」があった。五穀豊穣と家内安全などを願う「ハーリャ」の掛け声が響く境内で、扇みこしとたいまつによる厳かな祭典、仕掛け花火、三国の奉納を繰り広げた。

 和歌山県の熊野那智神社で行われる「那智の火祭り」にならい、1993年に創建300年を記念して始めた祭りで、21回目。ことしは滝沢・梅ケ久保が年番を務めた。

 みこしを担いで各町内を回った氏子たちは、5つの扇みこしと重さ二十数キロのたいまつを掲げて神社入りし、「ハーリャ、ハーリャ」という独特の掛け声を連呼。続いて境内中央の大かがり火に点火した。

 森友太鼓の奉納演奏に続く火祭りでは、成人男性と子どもが最初に登場したものより小ぶりなたいまつを持ち、円を描くようにして境内を回ると、大瀬木の杜に幻想的な光景が広がった。

 訪れた人は振る舞われた豚汁、お神酒などを口にしながら、炎の祭典に見入っていた。

 代表総代は「年番は早くから取り組み、しっかり準備してくれた」、年番長(祭典実行委員長)は「小さな班だが無事開催できた。けがのないよう楽しんでほしい」とあいさつした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞