田楽座が創立50周年 記念作品を飯田で公演

文化・芸能

[ 2015年 7月 8日 水曜日 13時58分 ]

 歌舞劇団「田楽座」(伊那市)の飯田公演が5日、飯田市高羽町の飯田文化会館ホールで開催された。創立50周年記念作品「まつり芸能楽 信濃」を2部構成で上演。約500人が来場し、信州をはじめ各地の民俗芸能に学んで生み出されたオリジナルの舞台を楽しんだ。南信州新聞社など後援。

 田楽座は1964年発足。「土の香り、人の情け、ふるさとをこよなく愛して」を掲げ、全国に伝わる伝統芸能や語り継がれる話をもとにした創作舞台に取り組む。創立直後から遠山谷をはじめとする飯田下伊那地域にも取材し、祭りを継承する人々に教えを受けた。これまで飯田市内での公演を60回以上行っている。

 今回の上演作品は、創立50周年を記念し、ふるさとへの思いを込めて制作された「まつり芸能楽 信濃」。全国各地で公演が行われている。

 飯田公演は、有志でつくる「みんなで田楽座をみまい会」(小木曽計男代表)が主催。はじめにあいさつに立った小木曽代表は「田楽座50年の集大成の舞台。健康で底抜けに明るい舞台を堪能してほしい。これからもじっくりと活動を見守って」と呼び掛けた。

 木遣り唄や「信濃の国」の歌声とともに、にぎやかに開幕した第一部「信濃の故郷(くに)」では、勇ましい大獅子といたずら好きな猿のユーモラスなやりとりに会場が大笑い。亡者が現世に戻って盆踊りを楽しむ様子を演劇仕立てで表現した新作「盆踊り狂言」も披露された。

 第2部「田楽法師 西へ東へ」では、日本各地の芸能を織り交ぜた田楽座オリジナルの舞台を上演した。観客の手拍子に合わせて信州名物を歌い上げる「千秋万歳」や、鳥刺しと鳥の格闘をコミカルに描いた「とりさし舞」。「東西太鼓芸能絵巻」では、大小さまざまな太鼓を使って全国の太鼓芸能を次々と繰り広げ、力強い音色で観客を圧倒していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30