皆で歌える喜び感じ

文化・芸能

[ 2020年 12月 7日 月曜日 15時57分 ]

 飯田少年少女合唱団は5日、飯田市の上郷公民館で、団内発表会を開いた。新型コロナウイルスの影響で本年度初めての発表で、団員の保護者向けに開催。団員12人は皆で歌える喜びを感じながら、清らかな歌声で保護者を魅了した。

 同団は1989(平成元)年に発足し、今年で32年目を迎える。現在は飯田下伊那地域の小中高生12人が所属している。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大で学校が休校になり、それに伴い同団も集まって練習することができなかった。練習が可能になっても参加人数を制限し、会場を広く使って一人一人離れて歌う練習が続いた。

 県の合唱祭や伊那谷文化芸術祭など発表の機会がなくなり、団員募集の広報活動も難しい状況になっている。

 団員たちは童謡から外国の民謡、クラシック、アニメ主題歌までの9曲を披露。中高生5人による発表もあり、イタリア歌曲「カーロ・ミオ・ベン」をイタリア語で歌い、いきものがかりの「YELL」では男子の低音と女子の高音が調和した歌声を披露した。団員たちの透き通るきれいな歌声に保護者は聞き入り、終了後は大きな拍手を送っていた。

 団長の飯田女子高3年土居日向子さんは「すごく久しぶりの発表で、緊張して声を出そうと気がはやったが、それでも練習通りに歌えて良かった」と振り返り、「本年度で卒団なので皆で歌えたことがとても貴重で楽しかった」と語った。

 指導者の庄司裕江さんは「リハーサルもなかったが声は出ており、曲も多彩だった。特殊な環境での練習だったが、音楽の基礎を教えられた」と話した。

◎写真説明:清らかな歌声を披露する飯田少年少女合唱団の団員(上郷公民館で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞