とよおかまつり盛大に

文化・芸能

[ 2015年 11月 17日 火曜日 9時55分 ]

 豊丘村の秋の最大イベント「とよおかまつり」が14、15日、村役場駐車場を主会場に開かれ、両日とも多くの家族連れらでにぎわった。

 村や商工会などでつくる実行委員会の主催で28回目。ことしは村制60周年を記念し、多くの新企画で来場者を迎えた。

 役場駐車場の中央に特設されたステージでは、村内で活動するグループを中心に日頃の練習の成果を披露。周辺には農作物や飲食物の販売など約70のブースが並び、昼近くになると買い求める人の列ができた。

 昨年好評だったよさこいまつりには、村内外の8チームが出演。終盤には総踊りもあり、ひと際盛り上がりを見せた。

 初日夕、地域や企業、女性など17団体による「御輿と花火の共演」が始まると、まつりの熱気は最高潮に。次々に打ち上げられる花火の下で、そろいの法被を着た若者らが威勢よくみこしを担いで駐車場内をきおっていた。

 2日目は「御囃子獅子舞祭」として、村内の獅子舞とおはやしを集めた催しを初企画。来場者の注目を集め、勇壮な舞には大きな拍手が送られた。

 果物狩りで飯田下伊那を訪れていた名古屋市の女性(63)は「獅子の多さにびっくり。一度に見られる機会に偶然巡り、楽しませていただきました」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio