知久平御柱の成功願い縄打ち 氏子300人が半日掛かりで

文化・芸能

[ 2016年 2月 26日 金曜日 13時59分 ]

 飯田市下久堅知久平の知久平諏訪神社式年御柱大祭委員会(中山邦彦委員長)はこのほど、同神社境内で曳き綱の綱打ちを行った。約300人の氏子が参加し、3月26日に迫る里曳きに向けて、無事に成功できるよう願いを込めながら綱をなった。

 同神社の御柱祭は本社の諏訪大社に倣い、7年に一度、えとの寅(とら)と申(さる)の年に開催。3月13日に山出し曳行、26日に里曳きと建御柱、27日に正大祭を予定している。

 縄打ちは、御柱を曳くための縄をつくる作業。神事を行った後、1200束のわらを使い、一之柱と二之柱をそれぞれ曳く37・8メートルの元綱2本と、12・6メートルの追い綱1本などを作った。

 氏子住民らは本番に曳く柱にあわせ、常会ごとに分かれて汗を流した。

 年配者が若者に手ほどきをしながら半日掛りで作業。男性たちは強度を保つため、ワイヤーを中に入れて力強く編み、女性たちはヒゲを切ってしめ縄を整えた。

 中山委員長は「縄が編み上がり、氏子の御柱に対する士気が上がったと思う。何より若い人たちが積極的に参加してくれて、これから先も絶えることなく続けられると頼もしく思った」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞