福を呼ぶ「此田神楽」巡回 小中学生も初参加 飯田市南信濃

文化・芸能

[ 2018年 1月 4日 木曜日 14時03分 ]

小中学生も参加の此田神楽

 正月2日朝から昼過ぎにかけて飯田市南信濃和田地区の中心街で、八重河内此田(このた)に300年以上前から伝わる「此田神楽」が、各家庭や商店、高齢者施設、温泉施設など80軒余りを巡回した。福を呼ぶ神楽で、雌獅子が鈴を鳴らして舞い、おはやしの笛に合わせ「セーセット」の掛け声が響き渡った。

 此田神楽保存会(澤田優会長)の16人と、今回初めて和田小6年生と遠山中1年生の計12人も笛や舞い手として参加。各家庭などの玄関先や屋内に入って優雅な舞を披露し、家内安全、無病息災、商売繁盛、五穀豊穣などを祈願した。

 此田神楽は18世紀初めの頃、愛知県新城市から伝わり、伊勢神楽の流れをくむとされる。屋内で舞われることが多い獅子舞のため「神楽」と呼ばれ、結婚や新築の祝いや正月などに披露される。

 後継者不足で昭和30年代に一時中断したが1992(平成4)年の御柱祭を期して35年ぶりに復活し、保存会も結成された。和田小学校では2年前から保存会に協力を要請して、笛や舞の練習を重ね、ことし初めて正月の本番での舞へ同行した。

 保存会長の澤田さん(69)は「子どもたちが熱心に取り組んでくれてありがたい。さらに興味を持つ子が増えてくれればうれしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞