竜丘でニューイヤーコンサート

文化・芸能

[ 2019年 1月 21日 月曜日 15時50分 ]

 

 2019年を明るい年にしようと、飯田市竜丘公民館は20日、第24回竜丘ニューイヤーコンサートを桐林の同館大ホールで開いた。幼児から高齢者までの15組が出演し、歌や演奏を発表した。

 時又保育園のマーチングバンドによる「さんぽ」の演奏で幕を開けると、小中学生や地域のグループがバンド演奏、コーラス、詩吟、金管合奏、ハーモニカ、大正琴、和太鼓、駄科音頭、唱歌などを披露した。

 このうち大正琴の「Gストリングス琴姫」は、小学生6人が「チョップスティックス」と「エルクンバンチェロ」の2曲を演奏。トレモロ奏法を駆使し、真剣な表情で弦の音を響かせた。

 後半では、時又一座が野口雨情の詩に曲を付けた「伊那の龍丘」と大道芸の南京玉すだれを披露。トリはカネト合唱団が務め、合唱劇「カネト」の中で歌う「食料を求めて」とテーマソングの「線路がない歌」を歌った。

 時又一座とカネト合唱団の発表に加わった木下和彦館長は「みんな楽しくやってくれて、後半は特に盛り上がった」と話していた。

◎写真説明:真剣な表情で大正琴を演奏(竜丘で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞