竹佐中原遺跡 報告会で県内最古級の意義示す

文化・芸能

[ 2011年 3月 8日 火曜日 15時08分 ]

 県埋蔵文化財センター(長野市)と飯田市教育委員会、山本公民館は6日、約3万│5万年前の石器が出土した竹佐中原遺跡(飯田市竹佐)の報告会を山本公民館で開いた。飯田市への移管を前に、まずは地元に報告を―と開き、地区内外から集まった約60人に、県内最古クラスとした遺跡の意義を語ったほか、一時的に“里帰り”した石器を展示。普段は入れない飯田山本IC内の保存区域も特別公開した。

 説明にあたった同センター調査研究員の鶴田典昭さんは、現在の科学でははっきりした年代が解明できず、研究者の間でも見解が分かれていると述べた上で「5万年前のものだとしたら、4万年前ころ東アジアに広がった現生人類(ホモサピエンス、新人)でない旧人や原人が残した石器ということになる」と指摘。「日本列島の人類の歴史を探る上で重要な遺跡がある、特別な地域だといえる」と話した。

 鶴田さんは、同遺跡が海外の旧石器研究者の間でも有名になり、東京上野の国立科学博物館にはレプリカを展示して「日本人類のルーツを探る上で重要な遺跡」として紹介されていることなども紹介。出土した石器は2群に分類でき、一方は100キロ、もう一方は50キロ近く移動しながら生活したという仮説、石器は狩猟用の木の先端を削るための工具だった―とする見解も示した。

 大竹憲昭調査部長は「県内でも特に古い石子原遺跡があるので、絶対にあると確信していたが、遺物は過去に見たものと明らかに違うものだった。石器が手元から離れるのは寂しいが、地元で有効活用してほしい」とあいさつ。「人生が変わるほどの遺跡と出会え、あっという間の10年だった」と感動を口にした。

 飯田国道事務所の特別許可を得て行った現地見学会ではガイド役を務め、「(昨年まとめた)報告書は新しい研究へのステップ。科学の進歩に期待しながら、石器から年代の特定を目指したい」と抱負を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞