第40回おいでなんしょ寄席を開催

文化・芸能

[ 2016年 11月 29日 火曜日 15時38分 ]

001寄席

 第40回おいでなんしょ寄席(南信州新聞社、飯田文化会館、実行委員会主催)が28日夜、飯田市高羽町の飯田文化会館であり、笑点メンバーの三遊亭好楽と三遊亭小遊三、春風亭昇太、林家たい平の人気者4人が、落語と爆笑トークで満員の約1300人を楽しませた。

 前座による開口一番に続いてたい平、好楽の順に登場し、座談会と中入りを挟んで小遊三、昇太が高座に上がった。持ち時間は1人25分と短かったが、いずれも笑点にちなんだマクラ(落語に入る前のフリートーク)にたっぷり時間をかけ、爆笑に継ぐ爆笑を誘った。

 たい平は笑点メンバーがそろってMRI検査を受けた話や24時間テレビ100キロマラソンの裏話と、林家ならではの明るさが印象的な「禁酒番屋」で盛り上げ、好楽はメンバーを軽くいなしてから、歌い調子が楽しい「紙くず屋」をさらりと演じた。

 小遊三は笑点50周年とおいでなんしょ寄席の40回記念公演にちなみ、笑点を作り、同寄席の初回に出演した立川談志の思い出を物まね入りで面白おかしく振り返ってから、心地よいリズムと間で「ん廻し」を披露した。

 「笑点の新司会者です」とあいさつし、大きな歓声と拍手をもらったトリの昇太は、今年2月に歌丸の後任に指名されていたが、テレビ局からかん口令が敷かれて苦労し、就任後も大喜利は“学級崩壊状態”で「楽な仕事なんか世の中に一つもない」とこぼしてから、男が瀬戸物屋を苦しめる「壺算」でドカンと笑いを取った。

 同寄席をプロデュースする扇町出身の寄席文字書家、橘左近さん(82)を交えての座談会では、4人が左近さんを囲んで40回の節目について語った。

 左近さんは「80歳を過ぎたら区切りの数字が途端に増えた。丈夫で、字を書いていられることがうれしい」、昇太は「飯田はお客さんが聴き慣れているからやりやすくて、つい伸びてしまう」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30