美博で春草コレクション~植物を題材にした作品を~

文化・芸能

[ 2014年 4月 1日 火曜日 15時46分 ]

 飯田市追手町の市美術博物館は6日まで、市内出身の日本画家・菱田春草のコレクション展示「春草の時代―花木―」を行っている。植物を題材にした作品を取り上げ、春草や周辺画家の描いた日本画、資料など約20点を並べている。

 2014年度、6回に渡って実施してきた春草のシリーズ展示の最終回。花を描いた「花卉(かき)図」をテーマに、春草と長男の春夫、姪のきく、日本美術院の西郷孤月らの日本画を展示している。

 東京美術学校時代に春草が制作した「松に岩」(1893)は、狩野派の筆法による重厚な作品。「秋草の図」(1903頃)は、兄の為吉が作った杉戸に描いたもので、金銀泥を使用し、やまと絵調で描写している。

 他、朦朧体で丘に立つサクラの若木を描いた「春暁」(1902)、江戸琳派の影響が見られる瑞々しい「花あやめ」(1905)など、落ち着いた風情の作品を並べている。

 孤月の作品は、朦朧体で情趣ある春の情景を描いた「春景山水」(1900~01頃)など2点。春夫が画家を目指していた頃に制作した「花菖蒲」(1923~25頃)、強い色彩で描かれたきくの「木蓮」を展示している。

 隣接する「飯田の美術」のコーナーでも、佐竹蓬平や鈴木芙蓉ら飯田ゆかりの画家、竹内栖鳳、木島桜谷など京都の画家による花卉図を展示。春草関連の資料紹介のコーナーでは、1910年の文展への「黒き猫」出品前後の状況などを伝える書簡類を並べている。

 開館は午前9時半から午後5時(入館は同4時半)まで。観覧料は一般310円、高校生200円、小中学生100円。20人以上は団体料金。問い合わせは同館(電話0265・22・8118)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24