美博で菱田春草コレクション展

文化・芸能

[ 2013年 4月 15日 月曜日 9時36分 ]

美博春草展 飯田市追手町の市美術博物館は5月6日まで、市内出身の日本画家・菱田春草のコレクション展示「春草の時代1―山水―」を行っている。「菊慈童」(1900)をメーンに、春草や関連画家の描いた山水画11点と資料を展示。東洋の伝統的技法に、西洋画の空間性を取り入れた山水画を並べている。

 

 来年4月まで全6回実施する春草のシリーズ展示の第1回。本年度は画題ごとに同館所蔵の春草作品を紹介する。

 

 東洋画の中心的画題である山水画は山中の景色を描くものだが、西洋の風景画のように特定の景色を描くのではなく、作者が想像した理想郷を描いている。明治という新しい時代にふさわしい日本画を求めた春草は、日本の伝統的技法に従いながら、西洋画における空間表現を取り入れた作品を志向した。

 

 朦朧体によって描かれた「菊慈童」は、近景・中景・遠景を分けて描く山水画の画面構成の特徴が表れた作品。背景の秋の山には西洋画のリアリティーが付加されながら、山水画の理想化された美しい風景が広がっている。

 

 ほか展示作品の中では、東京美術学校時代に描いた「高士の図」(1893)や晩年に制作した「高士訪友図」(1909)にも、山水画の画面構成の特徴が表れている。

 

 会場には、日本美術院の仲間である横山大観や下村観山、橋本雅邦、西郷孤月による山水画も。隣接する「飯田の美術」のコーナーでは、池大雅による「信州行旅図」や富岡鉄斎による「浪合神社図」「米法山水図」、青々とした緑が鮮やかな安藤耕斎の「東坡訪道士図」など、同館所蔵の山水画8点も展示されている。

 

 次回は5月11日から6月9日まで、人物を画題とした作品を取り上げる。

 

 開館は午前9時半から午後5時(入館は同4時半)まで。月曜と4月30日は休館。観覧料は一般310円、高校生200円、小中学生100円。20人以上は団体料金。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号