美博で菱田春草コレクション展

文化・芸能

[ 2013年 4月 15日 月曜日 9時36分 ]

 飯田市追手町の市美術博物館は5月6日まで、市内出身の日本画家・菱田春草のコレクション展示「春草の時代1―山水―」を行っている。「菊慈童」(1900)をメーンに、春草や関連画家の描いた山水画11点と資料を展示。東洋の伝統的技法に、西洋画の空間性を取り入れた山水画を並べている。

 来年4月まで全6回実施する春草のシリーズ展示の第1回。本年度は画題ごとに同館所蔵の春草作品を紹介する。

 東洋画の中心的画題である山水画は山中の景色を描くものだが、西洋の風景画のように特定の景色を描くのではなく、作者が想像した理想郷を描いている。明治という新しい時代にふさわしい日本画を求めた春草は、日本の伝統的技法に従いながら、西洋画における空間表現を取り入れた作品を志向した。

 朦朧体によって描かれた「菊慈童」は、近景・中景・遠景を分けて描く山水画の画面構成の特徴が表れた作品。背景の秋の山には西洋画のリアリティーが付加されながら、山水画の理想化された美しい風景が広がっている。

 ほか展示作品の中では、東京美術学校時代に描いた「高士の図」(1893)や晩年に制作した「高士訪友図」(1909)にも、山水画の画面構成の特徴が表れている。

 会場には、日本美術院の仲間である横山大観や下村観山、橋本雅邦、西郷孤月による山水画も。隣接する「飯田の美術」のコーナーでは、池大雅による「信州行旅図」や富岡鉄斎による「浪合神社図」「米法山水図」、青々とした緑が鮮やかな安藤耕斎の「東坡訪道士図」など、同館所蔵の山水画8点も展示されている。

 次回は5月11日から6月9日まで、人物を画題とした作品を取り上げる。

 開館は午前9時半から午後5時(入館は同4時半)まで。月曜と4月30日は休館。観覧料は一般310円、高校生200円、小中学生100円。20人以上は団体料金。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞