美術で春草コレクション展示、人物主題にした作品を

文化・芸能

[ 2016年 6月 9日 木曜日 15時04分 ]

美博春草コレクション展 飯田市美術博物館は19日まで、仲ノ町出身の日本画家・菱田春草(1874―1911)のコレクション展示「端正妍麗」を追手町の同館で開いている。「霊昭女」(1902)をはじめ、人物を主題とした作品や周辺画家の絵、資料など約20点を展示している。

 春草が描いた画題に焦点を当て、同館所蔵作品を紹介するシリーズ展示の第2回。今回は人物をテーマとし、日本画家・結城正明の画塾や東京美術学校で学んでいた頃に描いた絵や、日本美術院で制作した作品などを並べた。

 学生時代の作品は、絵画の初歩学習として取り組んでいた古画の模写が目立つ。筆線の学習過程で描いた「高士の図」(1889)や、李龍眠の唐子図を模写した「唐子の図」(90頃)など。合掌する布袋を描いた「布袋の図」(90)には、正明による訂正の跡が残る。

 「霊昭女」は、日本美術院の研究会で、容姿が整って美しいことを意味する「端妍」を課題として出された際に制作したもの。霊昭女は禅に帰依し、両親の孝養に尽くした人物で、澄んだ色彩を用いた朦朧(もうろう)体で描かれている。

 ほか、作品制作のための写生や模写、西郷孤月や梶田半古、木村武山、下村観山、安田靫彦といった日本美術院の画家の人物画などを展示。東京美術学校入学時の制服姿の春草を捉えた写真も並べている。

 次回は7月23日から8月21日まで、「一望千里」をテーマに展示を行う。

 開館は午前9時半から午後5時(入館は同4時半)まで。月曜休館。観覧料は一般310円、高校生200円、小中学生100円。20人以上は団体料金。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞