茶屋町太鼓鼎が発足10周年記念公演

文化・芸能

[ 2013年 3月 23日 土曜日 9時53分 ]

 飯田市鼎下茶屋地区の茶屋町太鼓鼎(野村祐司会長)は20日、発足10周年を記念する公演を同中平の市鼎文化センターホールで開いた。満席の会場で勇ましく太鼓を打ち鳴らし、10年分の感謝に代えた。

 「一番太鼓」で開幕すると、メンバーたちは複数の太鼓を打ち分けて右に左にバチをふるって演奏。ドンドンドンとたくましい音をたたき鳴らし、時に歌をうたって盛り上げた。

 発足時から世話になっている千代不動太鼓も夕雷、出陣を演奏。アンコールも含め、十数曲を熱演し、会場を沸かせ続けた。

 かつては屋台が地域のシンボル的存在で、子どもたちが引き、青年たちが芸能を披露するのが伝統だったが、昭和30年代に途絶え、以降は他地区が獅子舞を繰り広げる中で寂しい思いをしてきた。

 「区民の連帯感と熱いエネルギーを取り戻そう」と有志らが準備会を発足したのは2001年。千代地区の不動太鼓の手ほどきで練習し、02年5月に茶屋町太鼓鼎を結成した。

 現在は子ども17人を含む45人が所属し、週に2回のペースで上郷黒田にある独自の練習場で練習。鼎ふれあい文化祭や地域の夏祭りなど年間20回ほどの公演をしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞