評価される飯田水引 県飯田合庁で記念展示

文化・芸能

[ 2014年 12月 27日 土曜日 12時01分 ]

 全国シェア70%を占める飯田下伊那の地場産品である飯田水引が先月に「信州ブランドアワード2014」の知事賞を受賞したことと、同月末に県の伝統的工芸品に新規指定されたことを記念した展示が24日から年明け9日まで、飯田市追手町の飯田合同庁舎1階正面玄関ホールで開かれている。

 下伊那地方事務所商工観光課が、飯田水引協同組合の協力により開催。知事賞受賞の紹介パネルと指定内容の紹介パネル、正月飾りや結納品、金封、高級飾りなどを展示している。飯田水引を紹介するDVDの上映も行っている。

 飯田水引は、元禄時代(1700年頃)に飯田地方で盛んとなった元結製造の原紙を用いて、生水引がつくられたのが始まりと言われ、明治以降、元結の需要が減少する中、その技術を生かした紅白水引などの生産が拡大した。昭和20~30年代には、金封、結納品飾りや鶴亀、松竹梅などの立体的製品がつくられるようになり、水引の結び・細工・組立の多様化と高度化が進んだ。

 知事賞を受賞した信州ブランドアワード2014では、地域の伝統産業として商標登録(1995年)をし、さらなるブランド力の向上を目指す「志向性」をはじめ「表現性」「情報伝達性」「地域性」「継続・発展性」が評価された。

 県の伝統的工芸品に新規指定された飯田水引の伝統的な技術・技法は、結び・細工・組立・仕上げを手作業で行うことが特徴。水引に使用する紙は和紙か水引原紙、元結に使用する紙はコウゾかミツマタを原料とした和紙とすることも評価された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10