連夜の伝統芸能奉納 「栗矢の無礼講」始まる 阿智村

文化・芸能

[ 2017年 9月 16日 土曜日 14時31分 ]

「吉咲」が舞と太鼓を奉納

 阿智村伍和の栗矢八幡神社で15日夜、八百万の神々に村の多幸を感謝し芸能の奉納舞台を行う「栗矢の無礼講」が始まった。30日まで毎夜、拝殿や回り舞台で日替わりの芸能や音楽が繰り広げられる。

 11年目を迎えた催し。以前は9月1日から開催していたが、星空ナイトツアーを目当てにした昼神温泉宿泊客が多いことから、昨年からナイトツアーが空白期間になる9月下旬へ変更した。

 巨木に囲まれ鎮守の森の厳かな雰囲気に包まれた境内には参道に竹灯ろうが飾られ、近隣住民や観光客が集まってきた。今年は石段に手すりも設けられた。

 初日は村在住の加藤木朗さんの指導を受ける「吉咲」が舞や和太鼓を奉納。無礼講の儀式では、お神酒やお屠蘇、神餅を口にして厄払い。最後に参拝者が願い事を書いた紙をお焚き上げした。

 栗矢無礼講実行委員長の河合正寿さん(54)は「秋の実りを神様に感謝する祭り。訪れた方にも多幸があるよう取り組んでいきたい」と話していた。

 入場無料。時間は午後8時15分から同9時まで。問い合わせは同実行委員会・おとぎ亭光風(電話0265・43・3211)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞