郊戸八幡宮で夏越大祓式

文化・芸能

[ 2020年 6月 26日 金曜日 15時14分 ]

 飯田市今宮町の郊戸(ごうど)八幡宮で25日、半年間の罪や心身のけがれをはらう「夏越(なごし)大祓(おおはらえ)式」があり、宮司と神社総代23人が新型コロナウイルス感染症の収束と残り半年の無病息災を祈願した。

 1年の折り返しとなる6月のみそかに行う恒例の神事。神社総代は自分の身代わりとなる人形(ひとがた)の白い紙を懐から取り出すと、紙で体を斜めに切るような仕草をしてから息を吹きかけ、あんどんの火で燃やした。

 続いて細かく正方形に切った半紙と麻「切麻(きりぬさ)」を自分の体に3回振り掛け、おはらいをした。

 祝詞(のりと)を上げた遠山景一宮司(66)は「半年の罪・けがれをはらうことに加え、コロナが収まり、平常通りの暮らしが戻るようお願いした。コロナに負けない精神的な強さとそれぞれの思いを持ってもらえたら」と話した。

 飛まつ防止シートを本殿に設置するなど、コロナ対策をして臨んだ総代会長の山村尚人さん(77)は「後半は何事もなく過ごしたい」と話し、平穏な下半期を願った。

◎写真説明:郊戸八幡宮で行われた夏越大祓式

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞