野底山で焼來肉ロックフェス開催

文化・芸能

[ 2018年 7月 21日 土曜日 13時39分 ]

地元出身のアナログフィッシュがオープニングを飾った

 「人口1万人あたりの焼き肉店舗数日本一」を生かして飯田市の活性化を図るイベント「焼來肉(やきにく)ロックフェス2018in南信州・飯田」(実行委員会主催)が21日、快晴となった同市上郷黒田の野底山森林公園で開かれ、県内外から集まった音楽ファンが音楽と焼き肉を満喫した。

 会場内には大小3つのステージが設営され、メインの「グランドステージ」では、メンバー3人中2人が喬木村出身のロックバンド「アナログフィッシュ」が先陣を切って登場。代表曲や最新曲を演奏した。手ぶら焼肉スペシャルシートではグループが、演奏を聴きながら焼き肉を味わった。

 メンバーの佐々木健太郎さんは「去年は雨で中止になったが、今年はこんなに晴れて皆さんに会え、とてもうれしい」と話した。

 イチロー専門ものまね芸人のニッチロー’さん(飯田市出身)、人気ユーチューバーで「マッチョ29」メンバーのサイヤマングレートさん(同)も人気を集め、ニッチロー’さんはイチローさんが出演するCMのものまねも織り交ぜて笑いを誘った。

 午後からは今回の目玉となったサンボマスター、米サンフランシスコ在住のお笑いタレント野沢直子さんのバンド「ELECTRIC MACHINE GUN TITS」などが出演。和楽器パンクの切腹ピストルズとタテタカコさんがトリを務めた。

 昨年9月17日に同じ会場で初の野外フェスとして計画した第3回フェスは、台風の接近に伴い中止としたため、今回は「Reborn(再生)」をキャッチフレーズに掲げ、昨年とほぼ同じ出演者を集めて開いた。

 今回は高校生を無料招待し、実行委員会は全体で約2000人の来場を予想。午前10時までに700人以上が来場した。

 実行委員長の今井啓介さん(45)は「2年分の思いが詰まっているので、スタートラインに立てて感無量」、都内から参加した会社員の女性(34)は「今年で2回目。楽しみにしていた。一番の目当てはスクービードゥー」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞