鉞激しく火の粉散る 天龍村「坂部の冬祭り」 国重文の湯立て神楽

文化・芸能

[ 2018年 1月 5日 金曜日 16時47分 ]

鉞を松明にぶつけ、火の粉を散らす「たい切り面」

 天龍村坂部地区の大森山諏訪神社で4日夕から5日昼にかけ、国重要無形民俗文化財の湯立て神楽「坂部の冬祭り」が行われた。厳寒の中で夜通し繰り広げられる神事に、詰め掛けた観衆らが白い息を吐きながら熱い視線を注いだ。

 600年続く集落行事は、3日の「向方のお潔め祭り」、5日の「大河内池大社例祭」を含めた天龍村霜月祭りの1つ。旧神原村の3社で旧暦の霜月(11月)に行われていた湯立て神楽で、原型をほぼとどめた状態で現在まで伝承されている。

 今年も天竜川の水で身を清めた舞い手の「神子」たちが、4日夕に神々を下の森(火王社)から同社へ運ぶ「お練り」で幕開け。社殿内の舞堂(まいどう)で翌朝まで剣や鈴を使った装飾舞や湯立てを繰り広げた。

 夜空が白み始めた5日午前6時過ぎ、「たい切り面」を着けた赤鬼が登場すると祭りは最高潮に。囃子に合わせてドン、ドンと両足で地を踏み鳴らし、燃えさかる松明に鉞(まさかり)を激しくぶつけて火の粉を飛び散らした。

 同地区の旧家・熊谷家当主の直吉の夢占いをきっかけに、室町時代の1428年(正長元年)に始まったとされる祭り。昨年9月に氏子総代長だった関福盛(よしもり)さんが亡くなり、今年は地元に住む氏子総代の4人が中心となって祭りを進めた。

 坂部地区は現在11戸17人が暮らすが、祭りに合わせて帰省する若手出身者も多く、氏子総代の平松雅隆さん(68)は「祭りが生活の一部であり、やらないということは考えない。長老が亡くなって難しい部分はあったが、この冬祭りから1年をスタートさせたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52