開善寺の「大鑑禅師座像」を県宝へ

文化・芸能

[ 2010年 9月 4日 土曜日 14時11分 ]

 県文化財保護審議会は2日、飯田市上川路の開善寺に安置されている「木造大鑑禅師座像」など3件を県宝に指定するよう県教育委員会に答申した。県教委は10月定例会で指定する見通し。

 大鑑禅師座像は同寺を開山した禅僧、清拙正澄(せいせつしょうちょう・1274―1339)の像。高さ72センチ、ヒノキの寄木造りで、表情の写実的表現や表面の文様、像の構造などから鎌倉・南北朝時代の作と推定されている。

 同審議会は「清拙は鎌倉・室町幕府の支持を得て鎌倉の建長寺や京都の建仁寺の住持となった高僧。中世にさかのぼる清拙の彫像は同像のみであり、歴史的・造形的に価値が高い」と評価している。

 このほか松本市桜ケ丘古墳の出土品と佐久市安養寺の「木造伝法燈国師座像」が答申されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞