阿南町「和合の念仏踊り」重要無形民俗文化財へ

文化・芸能

[ 2014年 1月 20日 月曜日 12時23分 ]

 文化審議会は17日、文化財分科会を開き、阿南町の「和合の念仏踊り」を重要無形民俗文化財に登録するよう下村博文文化庁長官に答申した。答申では、「新仏供養を目的にしたかけ踊りに念仏踊りが結び付いた形態を持つ下伊那地方に見られる盆の芸能の特色を示しており、踊りの所作がより芸能的で地域的特色や芸能の変遷の過程を示して重要」としている。

 和合の念仏踊りは毎年8月13日から16日にかけて熊野神社と宮下家、林松寺で奉納される。「庭入り」「念仏」「和讃」の3つで構成され、同保存会長の平松三武さんによると「庭入り」は農業の所作を表しており農作願いや農作の祝いを奉納する意味があるという。

 飛び跳ねるように太鼓を打ち鳴らし、「ヒッチキ棒」と「ササラ」役が激しくぶつかり合う躍動感溢れる踊りだ。「念仏」「和讃」は先祖供養や新盆供養などの意味が込められている。

 1972年に国選択無形民俗文化財に指定されており、99年に同文化財となった下伊那のかけ踊りとは別物。99年にも文化庁から文化財調査官が訪れ、重要文化財への期待が高まった。昨年の念仏踊りで調査官が約10年ぶりに訪問。4日間にわたって調査し、地域で大切に保存・伝承されている様子を確認した。

 平松保存会長は「皆が待ち望んできたこと。10年のブランクがあったが、ようやく実現した。地域の皆で念仏踊りを継承していきたい」と喜んだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30