阿南町で新野の霜月祭り開く

文化・芸能

[ 2013年 12月 15日 日曜日 11時33分 ]

 阿南町新野の霜月祭りが13日、新野地区の伊豆神社で行われた。煮えたぎった鉄釜を囲んで2種類の神楽舞を奉納する祭りで、集まった世話人や当番の氏子衆、見物に訪れた人々が伝統の祭りを見守った。14日には同地区の諏訪神社でも同様の祭りを行った。

 江戸時代から300年以上続く伝統行事。当初は祢宜らにより各家庭などで行われたが、諏訪神社で最初に神社での行事となり、続いて伊豆神社でも神社で行うようになったという。

 祝詞奏上などの神事に続いて行われた舞の奉納では、お宣命(せんみょう)という太鼓を打ち鳴らし歌を唱える儀式で神下ろしを行うと、ぐつぐつと音を立てる釜を囲んで「金山の舞」と「ゆたぶさの舞」の2種類を奉納した。

 このうち、金山の舞では、刀と鈴を手にした4人が釜の周りを回転したり飛び跳ねたりと激しく舞った。氏子の名前を書いた紙を釜の火に投じ、笹束を湯の中に入れ四方を清めると、笹束を手に4人がゆたぶさの舞を奉納した。

 うっすらと雪が積もる肌寒い天候だったが、訪れた人々は釜を囲んで繰り広げられる神楽舞を見守り、最後に釜の湯を飲んで健康を祈った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞