阿南町で深見の祇園祭り開く

文化・芸能

[ 2016年 7月 26日 火曜日 9時47分 ]

7.25深見の祇園祭り 阿南町東条の県選択無形民俗文化財、深見の祇園祭り(深見諏訪社津島社両氏子・松澤史武氏子総代長、深見壮年会・小原悠司会長)が23日、深見の池を舞台に開かれた。国内でも珍しい湖上に浮かべた筏(いかだ)の上で神事が執り行われ、池の周囲3カ所から次々と打ち上がる2000発の花火が集まった観客を魅了した。

 天然湖である同池を舞台に繰り広げられる祇園まつり。諏訪神社の宵祭り後、津島様がみこしに移され、祇園囃子を奏でながら行列が深見池まで進むと、湖上に浮かべた6メートルの筏に乗り込んで神事が営まれた。

 玉串や大幣を流して厄病退散を祈願すると、花火の打ち上げを開始。湖上から打ち上げ、轟音とともに半円状に広がる「大水中花火」や、池の上に100メートルのワイヤーを張ってロケットのように花火が湖上を駆け抜ける「綱火」など迫力満点の仕掛け花火に、集まった観衆は歓声と拍手を送った。

 祭りの行列が神社に戻ると、大三国の櫓(やぐら)に仕込んである花火に点灯。火の粉を浴びながら勇壮にきおいまわった。松澤氏子総代長は「心配した天候にも恵まれ、いい花火大会になった」と振り返った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞