阿南町で深見の祇園祭り開く

文化・芸能

[ 2016年 7月 26日 火曜日 9時47分 ]

7.25深見の祇園祭り 阿南町東条の県選択無形民俗文化財、深見の祇園祭り(深見諏訪社津島社両氏子・松澤史武氏子総代長、深見壮年会・小原悠司会長)が23日、深見の池を舞台に開かれた。国内でも珍しい湖上に浮かべた筏(いかだ)の上で神事が執り行われ、池の周囲3カ所から次々と打ち上がる2000発の花火が集まった観客を魅了した。

 天然湖である同池を舞台に繰り広げられる祇園まつり。諏訪神社の宵祭り後、津島様がみこしに移され、祇園囃子を奏でながら行列が深見池まで進むと、湖上に浮かべた6メートルの筏に乗り込んで神事が営まれた。

 玉串や大幣を流して厄病退散を祈願すると、花火の打ち上げを開始。湖上から打ち上げ、轟音とともに半円状に広がる「大水中花火」や、池の上に100メートルのワイヤーを張ってロケットのように花火が湖上を駆け抜ける「綱火」など迫力満点の仕掛け花火に、集まった観衆は歓声と拍手を送った。

 祭りの行列が神社に戻ると、大三国の櫓(やぐら)に仕込んである花火に点灯。火の粉を浴びながら勇壮にきおいまわった。松澤氏子総代長は「心配した天候にも恵まれ、いい花火大会になった」と振り返った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞