阿智村で「チャンキラ講」 大数珠持って家庭訪問

文化・芸能

[ 2017年 2月 17日 金曜日 15時29分 ]

 七久里のチャンキラ講

 阿智村春日の七久里に伝わるこどもらの行事「チャンキラ講」は11日、行われた。小中学生10人が参加。長さ6・8メートルの大数珠を持ち、直径15センチほどの鉦(かね)を鳴らしながら36戸の家庭を巡回訪問した。

 玄関先で「数珠回しに来ました」とあいさつをすると、出迎えた家の人は数珠を受け取り額(ひたい)に当てて、無病息災、家内安全などを祈願した。

 寛政年間(1789年~1800)からの伝統で、鉦の音の響きから「チャンキラ講」の名称になったといわれる。最高齢者の林治雄さん(94)も元気な姿で子どもたちを迎え「昔は各家の座敷に上がり、大数珠を広げた時代があった」と話し、懐かしんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞