阿智村でバイオリンコンサート開く

文化・芸能

[ 2011年 5月 25日 水曜日 9時12分 ]

 バイオリンの魅力を満喫するコンサート「音の玉手箱」が22日、阿智村の中央公民館ホールで開かれた。バイオリンの伊藤実知子さんと、シンセサイザーの高橋明美さんが演奏を披露。聴衆を交えた「演奏体験」や「指揮者体験」を織り込むなど、楽しいコンサートを演出した。

 伊藤さんは3歳から鈴木メソードでバイオリンを習い、東京音楽大学器楽科・バイオリン専攻を卒業。ホテルアソシア名古屋ターミナルホテルで、イベントディナーショーのプロデュースなどを手掛けた。2007年からは阿智村浪合のトンキラ農園で、4回連続の「星月夜の里コンサート」をプロデュース。ユニークなイベントを企画する一方で演出や演奏活動も展開している。

 「音の玉手箱」はトンキラ農園を通して伊藤さんらと交流を深めていた阿智村の有志らによる実行委員会が主催。地元村民のほか、愛知県からの参加者も含め約70人がバイオリンの響きを楽しんだ。

 モーツァルトやショパンの名曲のほか、「崖の上のポニョ」「夜桜お七」「木曽節」といった、ジャンルにこだわらない十数曲を披露。演奏の合間にはステージの上で、岡庭一雄村長や参加者らにバイオリンの奏法を手ほどきする場面もあり、会場とステージが打ち解けたアットホームなコンサートとなった。

 「いずれはこういうコンサートが村の人たちに浸透していくのではないか」と岡庭村長。愛知県から家族で参加した間瀬淳子さん(37)は「枠をはずして、子どもも喜ぶような親しみやすいコンサートだったのでとても感動した」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30