阿智村で夏まつり盛大に、豪快な厄落とし行事も

文化・芸能

[ 2013年 7月 30日 火曜日 15時18分 ]

 第25回阿智の夏まつりが27日、阿智村の駒場一帯で開かれ、約2000発の打ち上げ花火、厄年の男性らによる豪快な火まつりなどを多くの人が楽しんだ。

 役場前での開会セレモニーは子どものダンス、消防団ファンファーレ、鏡割りで華々しく幕開け。保育園や地区育成会、企業のみこし、「阿智祭り音頭」の連が順に出発し、一帯を練り歩いた。

 白装束姿の厄年男性15人は、牛頭天王のほこらがある旧道沿いの駒場公園横を午後8時過ぎに出発。笛や太鼓が鳴り響く中、たいまつを掲げて阿智川の中州に向かった。

 男性たちは川の水で身を清め、中州に立てた直径約4メートルの火の輪をくぐって厄を払うと、約3メートルの綱を豪快に回転させる「火振り」を披露。その間に木切れ、葉などで作った火の玉が対岸から約200メートルの綱を伝って川に落ち、観衆を沸かせた。

 天候の影響が心配された花火大会は予定通り開催され、阿智川沿いの観覧席、旧道沿いなどに陣取った多くの人が特大のスターマインに大きな歓声を上げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で受講者増加

8月15日土曜日13:28

新規求人確保に向け

8月14日金曜日13:05

歴史を将来に伝えたい

8月14日金曜日13:37

ペルセウス座流星群見えた

8月13日木曜日13:58

生前の収集品や写真を

8月13日木曜日13:51

花火の下で盆踊りの輪

8月12日水曜日15:13

キバナコスモスが見頃

8月12日水曜日15:52

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞