阿智村伍和で事念仏の数珠回し

文化・芸能

[ 2018年 2月 10日 土曜日 14時31分 ]

jyuzu

 阿智村伍和寺尾地区の庚申堂で8日、女性11人が参加して「事念仏百万遍数珠回し」が行われた。寺尾では、女性のみが参加する行事として160年の伝統が保たれている。

 堂内のいろりには鉄瓶がつるされ、燃える火を囲んで車座に座り大数珠を広げた。当番のたたく鉦の音に合わせて「なむあみだぶつ、なむあみだぶつ」と奉唱。反時計回りに30回繰り回した。

 明治30年代再建とされる堂内の正面には、青面金剛童子、聖観世音、三十三観音などの石碑が並ぶ。数珠回しが終わると正面を向いて座り直し、念仏の教本を手に「開径偈」「般若心経」「庚甲真言」などを奉唱。住民の無病息災、五穀豊穣、交通安全などを祈願した。

 古くは年に7回実施したが、数年前から2月8日と秋彼岸の2回開催に変更した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞