阿智村伍和で事念仏の数珠回し

文化・芸能

[ 2018年 2月 10日 土曜日 14時31分 ]

jyuzu

 阿智村伍和寺尾地区の庚申堂で8日、女性11人が参加して「事念仏百万遍数珠回し」が行われた。寺尾では、女性のみが参加する行事として160年の伝統が保たれている。

 堂内のいろりには鉄瓶がつるされ、燃える火を囲んで車座に座り大数珠を広げた。当番のたたく鉦の音に合わせて「なむあみだぶつ、なむあみだぶつ」と奉唱。反時計回りに30回繰り回した。

 明治30年代再建とされる堂内の正面には、青面金剛童子、聖観世音、三十三観音などの石碑が並ぶ。数珠回しが終わると正面を向いて座り直し、念仏の教本を手に「開径偈」「般若心経」「庚甲真言」などを奉唱。住民の無病息災、五穀豊穣、交通安全などを祈願した。

 古くは年に7回実施したが、数年前から2月8日と秋彼岸の2回開催に変更した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞