阿智村文化財新たに2件

文化・芸能

[ 2021年 4月 24日 土曜日 13時41分 ]

 阿智村は、浄久寺(同村駒場)の閻魔(えんま)大王座像と十王像などを村有形文化財、七久里の鳥追いを村民俗文化財にそれぞれ指定した。村文化財調査委員会が「文化財として指定することが適当」と答申し、村教育委員会が指定した。

 浄久寺の閻魔大王座像は高さ137センチ。同教委によると、木造の閻魔像としては松川町清泰寺に次ぎ、飯伊で2番目に大きい。頭部内の墨書から、1663年に仏師の篠田寿貞が製作したとみられ、伊那谷の江戸期木造閻魔像としては最古のものという。

 また、同寺には10体の十王像とともに地蔵菩薩、司命、司録、奪衣婆各1体、浄玻璃の鏡、人頭杖兼業の秤各1基が一括で良好な状態で残る。

 閻魔大王を中心に地獄の裁判官である十王を祭る十王信仰は江戸時代以降、伊那谷で広く信仰されたが、現在では十王像が残されている事例も少なくなっており、村教委は「近世の十王信仰を物語る資料として貴重」と評価。閻魔大王座像と十王像などをまとめて文化財に指定した。 

 一方、七久里の鳥追いは、春日地区七久里に大正時代から伝わる小正月行事。子どもたちが長さ1メートルほどの竹棒を持って集落内を巡回し、田畑を荒らす有害鳥獣を追い払う所作で豊作を祈願する。村内では七久里のみに残る行事で、「飯伊でも実施が珍しくなった民俗行事として貴重」とした。

 今回の指定で村指定文化財は70件(有形28件、無形2件、民俗3件、史跡12件、天然記念物22件、名勝3件)となった。

◎写真説明:浄久寺の閻魔大王座像(村提供)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

元気が出るバッグ発売

5月18日火曜日15:42

議長に井坪隆氏選出

5月18日火曜日15:31

安全な残土搬出へ連携密に

5月17日月曜日15:29

深さ30メートルの立坑初公開

5月17日月曜日15:08

「集団接種」がスタート

5月15日土曜日13:00

早くも上がる水しぶき

5月15日土曜日13:42

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞