阿智村浪合で「こんぶくろ」の巡回

文化・芸能

[ 2016年 1月 15日 金曜日 9時43分 ]

 阿智村浪合の荒谷、宮の原、半堀、治部坂地区などは10日、地区ごとほんやり様(どんど焼き)を行い、それに先立ち小学生らが「こんぶくろ」の巡回を実施した。

 午後3時ころから、10余人に子どもらが色紙を張り付けた和傘を掲げ「こんぶくろ、こんぶくろ」と叫びながら地区内を巡回。各家では用意してあった包装紙やチラシ広告を切り刻んだ紙細工を傘に貼り付けた。

 地区内を一巡するとそれぞれのほんやり様の頂上に大きな幣束と合わせて縛り付け、夕方5時ころから点火。通常は14日夜の点火だがことしは10日に行われた。

 こんぶくろは「幸袋」「金袋」などのいわれがあり、無病息災を願い大正時代から続く浪合独特の行事として続いている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞