雨間に煙火 鮮やか

文化・芸能

[ 2020年 9月 7日 月曜日 15時44分 ]

 愛宕稲荷神社(飯田市愛宕町)の秋季祭典が5日に行われた。新型コロナウイルスの影響で恒例のきおいは中止としたが、奉納煙火は規模を縮小して実施。スターマインなどが雨間(あまあい)の夜空を鮮やかに彩った。

 「地域を勇気付けたい」という意向で上げた煙火は、自主的な寄付が2件あり、氏子8カ町の負担金でまかなった24発と関島煙火提供のスターマインに、階段一斉打ちと階段打ちが加わり、当初の予定より豪華になった。

 このため年番町の扇町は、手作りの番付け表を作って配り、当日に備えた。

 同神社の秋季祭典は伝統的に雨の日が多く、飯田盆踊り唄の上位入選歌から引用した「愛宕濡れ旗」のフレーズが広く知られている。

 今年は言い伝え通り雨に見舞われ、警護にあたった氏子たちは「やはり濡れ旗だ」と笑顔で話したが、打ち上げの15分間はピタリと止み、大輪の花が愛宕の杜を照らした。

 年番長の大橋一太さん(73)は「コロナ対策は例年にないことなので逆に大変だったが、無事に終わって何より。花火は寄付を集めずにあそこまでやれて良かった」と関係者に感謝した。

◎写真説明:愛宕稲荷の奉納煙火

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞