霜月祭りの魅力存分に、かぐらの湯で恒例の公演

文化・芸能

[ 2010年 2月 24日 水曜日 15時34分 ]

 飯田市上村、南信濃に伝わる湯立神楽「遠山の霜月祭り」公演が21日、南信濃和田の道の駅・遠山郷かぐらの湯で開かれた。夜通しで行われる祭りのダイジェストを保存会が披露。150人余が集まり、熱の入った舞に沸いた。

 国の重要無形民俗文化財に指定される同祭をアピールしようと、2006年から毎年開いている。

 今回も大広間に湯釜や中殿飾りなどを設置した舞殿を設け、南信濃の和田霜月祭り保存会が太鼓の囃子(はやし)に合わせて複数の舞を演じた。

 本来は半日ほどをかけて行われる祭りを、見せ場ばかりの1時間に集約。鎌倉直衛さんが解説を加えながら、保存会員たちが湯開きや祝儀の舞、鎮めの湯などを披露した。

 祭りの見せ場となるさまざまな面(おもて)が登場する場面になると、会場は大盛り上がり。「水の王」と呼ばれる大天狗が湯切りの様子を見せると、盛んな拍手が送られた。

 遠山郷観光協会は「県内外から多数の方に訪れていただき感謝している。今後もさまざまな機会を通じて、霜月祭りの魅力を発信していきたい」としている。

 国の重要無形民俗文化財に指定される同祭をアピールしようと、2006年から毎年開いている。

 今回も大広間に湯釜や中殿飾りなどを設置した舞殿を設け、南信濃の和田霜月祭り保存会が太鼓の囃子(はやし)に合わせて複数の舞を演じた。

 本来は半日ほどをかけて行われる祭りを、見せ場ばかりの1時間に集約。鎌倉直衛さんが解説を加えながら、保存会員たちが湯開きや祝儀の舞、鎮めの湯などを披露した。

 祭りの見せ場となるさまざまな面(おもて)が登場する場面になると、会場は大盛り上がり。「水の王」と呼ばれる大天狗が湯切りの様子を見せると、盛んな拍手が送られた。

 遠山郷観光協会は「県内外から多数の方に訪れていただき感謝している。今後もさまざまな機会を通じて、霜月祭りの魅力を発信していきたい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞