風越高校吹奏楽部の定期演奏会

文化・芸能

[ 2013年 6月 13日 木曜日 8時04分 ]

 飯田風越高校吹奏楽部(部員43人)の第34回定期演奏会がこのほど、飯田市高羽町の飯田文化会館で開かれた。本年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲やポップス、歌謡曲などの楽曲演奏や、音楽と劇を組み合わせたステージを披露し、訪れた観客を楽しませた。

 「人を感動させる音楽」を目標に、日々の練習に取り組んでいるという同部。演奏会では楽しさと感動を届けられるよう、部員全員の心を一つにして精一杯の演奏を―という思いを込めた。

 軽快なコンサート・マーチ「テイク・オフ」で開幕すると、タイタニック号の航海士・マードックをテーマにした「マードックからの最後の手紙」、コンクール課題曲「Ⅳエンターテインメント・マーチ」の華やかな演奏を披露。2012年のJポップヒット曲メドレーやドラマ主題歌など、多彩な楽曲を演奏した。

 オリジナルの楽劇では映画音楽やドラマ劇中歌などの演奏とともに、水戸黄門一行による冒険活劇を展開した。花粉症の偽薬を売る商人と悪代官を懲らしめて仲間にし、旅を続ける一行の姿をコミカルに上演。所々に織り込まれる時事ネタやギャグに、会場は大きな笑いに包まれた。最後に躍動感あふれる音楽にのせてダンスが披露されると、出演者に温かい拍手が送られていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio